So-net無料ブログ作成
-| 2011年07月 |2011年08月 ブログトップ

企業の社会的責任について④SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任について④SRコーポレーション 日本においてはCSRに対する取り組みは諸外国に比べても早く1970年代から企業の社会的責任ということばが使われていた。
しかし一般に日本企業がCSRに期待するものは「企業の持続的発展」であり、そのため企業の社会的責任は企業の社会的貢献や企業イメージの向上を図る諸活動(いわゆる寄付、フィランソロピー、メセナのこと)のように考えられ、企業収益を実現した後の活動のみを指すものと誤解されることが多かった。実際多くの大企業では寄付、フィランソロピー、メセナを担当していた部署が、そのままCSRを冠する部署になったケースが多い。
また企業活動における利益実現が主の目標でCSRは従と考えている企業経営者はいまだ多く、利益幅の小さな企業におけるCSRの活動の取り組みはあまり進んでいない。近年特に企業不祥事とそれに対する企業統治の実現や法令順守の問題の文脈でCSRが語られることが多く、こうした状況は前述の東欧諸国などの企業の状況と相通じるものがある。経済団体などではCSRの普及に努めており、一定の成果をみせているものの特に日本の企業において圧倒的に多い中小企業の意識の変化には時間がかかると思われる。なお、調和を尊ぶ日本社会においてCSRは、古来より、企業の持続的発展の観点から、経験的に会得され、実践されており、江戸時代の学者石田梅岩の記述や、三井家や住友家などの江戸時代の商人に代々引き継がれた家訓などを例として、商工業の底流にCSRに通じる考え方を見ることができる。
SRコーポレーション

企業の社会的責任(CSR)について③・SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任(CSR)について③・SRコーポレーション コーポレートガバナンスとは
企業統治の意味で企業の経営を監視する仕組みのこと。経営者には株主の利益の最大化を目的に企業経営にあたる責務がありこの責務を果たしているかを監視するほか、経営者に目標を与え業績評価をする。
日本では1990年代半ば以降企業の不祥事が多発したことから、企業運営の監督、監査の必要性が認識されるようになり注目を集めるようになった。それまでの日本企業の統治の仕組みは持ち合い株主が中心のため株主総会による経営チェックが機能しにくい、監査役は当該企業のOBなので監視が十分ではない、という傾向があり馴れ合いの温床になっていた。
コーポレートガバナンスは企業経営のチェック体制を明確にすることで、経営者の独断による暴走を牽制する意味合いがある。日本の企業でも最近は社外取締役を招聘するなど企業統治の概念を明確に打ち出す企業が増えてきた。
2003年4月に施行された商法改正によって、各企業は、委員会設置会社の導入が可能となった。米国型企業統治とも呼ばれており、新しい企業統治制度として注目されている。
SRコーポレーション

企業の社会的責任(CSR)について②SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任について②SRコーポレーション 社会的責任投資とは、投資をおこなう際従来の投資基準に加え投資先の企業の社会に対する責任や貢献を重視し投資をする方法。企業の社会的責任(CSR)を満たす企業を投資の面で評価するもの。CSRを経営戦略に捉え、長期的、持続的に成長する会社を探して投資をする方法。
社会的な責任に対する意識が薄い企業は不正行為を行うなどして、投資家にとって大きなダメージを与える会社である可能性も高く逆に、社会的な責任に対する意識が強い会社は長期的、持続的に業績を高めていける会社である可能性が高い、という考えに基づいている。
社会的責任投資の具体的な内容は法令順守など”社会責任”環境保護など社会問題の解決、豊かな社会を築くため本業を通して貢献する”社会貢献的投資”寄付やボランティアといった”社会貢献”。
社会的責任投資はアメリカで生まれた。キリスト教徒の基金を運用する際に酒・たばこ・ギャンブルなどの領域はふさわしくないとして投資対象から外す目的で生まれたものだった。現在社会的責任投資の運用資産総額は2兆ドルを大きく超え、欧米諸国で普及している。
SRコーポレーション

企業の社会的責任(CSR)について①・SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任(CSR)について・SRコーポレーション企業がさまざまな活動をおこなう
プロセスにおいて、利益を最優先させるのではなくステークホルダーとの関係を重視しながら社会的公正性を保つこと、環境対策を施すことなど社会に対する責任や貢献に配慮し長期にわたって企業が持続的成長をすることができるよう目指す。これを経営戦略として捉え以上のような社会での役割を果たさなくてはならないという社会側からの要請をクリアすることができる。なおステークホルダーとは消費者、取引先、地域社会、株主、従業員などの利害関係者をさす。
企業にとってCSRを果たすことは環境効率向上によるコストの削減、技術革新、企業イメージの向上を通じたブランド価値向上などさまざまなメリットがある。CSRに似た概念としてSRIがあるが、CSRは消費者を含めた社会全体から見た企業の社会的責任を果たす活動をいうのに対し、SRIは投資家から見た企業の社会的責任の評価をいう。
CSRは、2001年の米国のエンロン社の不正な経理操作の事件をきっかけにこれが企業のあり方を問うコーポレートガバナンス(企業統治)重視の経営を求める機運が高まり注目されるようになった。
SRコーポレーション

企業の社会的責任(CSR)について・SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任(CSR)について書き綴っていくブログ・SRコーポレーションです。
定義、意味、環境その他について書いていこうと思います。
wiki等参考にしながらの長文になるかと思われますが、出来る限り解りやすい文章を心がけるよう、
努力致しますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
SRコーポレーション

-|2011年07月 |2011年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。