So-net無料ブログ作成
検索選択

企業の社会的責任(CSR)について③・SRコーポレーション [社会的責任]

企業の社会的責任(CSR)について③・SRコーポレーション コーポレートガバナンスとは
企業統治の意味で企業の経営を監視する仕組みのこと。経営者には株主の利益の最大化を目的に企業経営にあたる責務がありこの責務を果たしているかを監視するほか、経営者に目標を与え業績評価をする。
日本では1990年代半ば以降企業の不祥事が多発したことから、企業運営の監督、監査の必要性が認識されるようになり注目を集めるようになった。それまでの日本企業の統治の仕組みは持ち合い株主が中心のため株主総会による経営チェックが機能しにくい、監査役は当該企業のOBなので監視が十分ではない、という傾向があり馴れ合いの温床になっていた。
コーポレートガバナンスは企業経営のチェック体制を明確にすることで、経営者の独断による暴走を牽制する意味合いがある。日本の企業でも最近は社外取締役を招聘するなど企業統治の概念を明確に打ち出す企業が増えてきた。
2003年4月に施行された商法改正によって、各企業は、委員会設置会社の導入が可能となった。米国型企業統治とも呼ばれており、新しい企業統治制度として注目されている。
SRコーポレーション

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。